アルギニン(arginine)

アルギニンとは数あるアミノ酸の中でも最も塩基性が高いアミノ酸で、成長ホルモンの分泌を促進したり、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高めるなど、簡単に言うなら体を強くするためには欠かせない成分である。アルギニンはこういった重要な役割を担うため、必須アミノ酸ではないが特に成長期の子供などには必要不可欠な成分であるとされ、そのため条件付き必須アミノ酸と呼ばれたりもします。アルギニンにはこうした効果とは別に体内で発生したアンモニアを解毒する作用もあったり、血管を拡張して血流を増大させる作用もあるため、体内循環を良好にしてくれるため、あらゆる成分を体の隅々まで行きわたらせ、効率良くそれらの効果を発揮するサポート的働きもする成分である。つまりアルギニンがもたらす効果だけでなく他成分の効果を陰から助ける作用も期待されるのである。

アルギニン arginine
アルギニン (arginine)

『参考文献』
・「健康食品」の安全性・有効性情報 (国立健康・栄養研究所)
・馬渡一徳 アミノ酸の生理機能 Ajico News No.206
・論文ID(PMID:10694193)
・論文ID(PMID:12356784)
・論文ID(PMID:9366309)
・論文ID(PMCID:PMC4377861)
・論文ID(PMCID:PMC4726550)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です