一週間で体が若返る簡単体操とは?

たった一週間で体が若返ることで注目を集める運動をご存知でしょうか?

老若男女を問わず運動神経が良くなるという優れものの運動で、しかもチョー簡単!なのだそうです。その体操の名前は

「くねくね体操」「がにがに体操」

と言います。先日NHKの「ガッテン!」でも”カラダ若返りSP 1週間で動ける体が復活!”として取り上げられたことで一層の注目が集まっていますね。

考案者は体育学を専門とされる徳島大学の荒木秀夫教授。

なんでもこの運動で普段使っていない運動神経を刺激することになって一週間続けるだけで筋力、バランス力、柔軟性が劇的に良くなるとのこと。荒木教授は全国の小学校や幼稚園などに実際に赴き指導をされているそうで、その効果もあってか2013年から東京都が、幼稚園、小学校、中学校、高校に、導入を開始したそうです。凄いですね

運動神経って、体を動かすことで命令信号が電気的に通じることでその伝達スピードが維持され、それだけで運動能力の低下を防ぐことができるのだそうです。しかもそうするために激しい運動は必要なくて、簡単な運動を続けることの方が必要だとのこと。たぶん激しい運動というのは筋力をつけること必要な人がすることなのでしょうね。反対にしばらく神経の中を命令信号が通じないでいると体が勝手に”必要ない”と判断をして筋肉を減らしてしまうそうです。

簡単に言うとあれですよ。”運動会あるある”としてよく言われる「お父さんが子供の運動会で走ったら体がついてこなくて思い切り転ぶ」というのもこの説明上にある現象だとのことです。

また、アメリカのオハイオ大学、ブライアンクラーク教授はこう言います。

「筋肉は神経の操り人形でしかない」

つまり運動神経というものは、神経を通じて命令信号をいかに機敏に筋肉へ届けることができるか、という意味なのですね。

教授はさらなる研究結果からこうも言います。

運動神経はイメージするだけで、実際に身体を動かさなくても維持できる

なんでも手首を一ヶ月間固定し、その間に手首を動かすイメージをし続けた人と、イメージしなかった人では、明らかにイメージしなかった人の方に筋力低下が確認できたそうです。これは驚きですね。つまりイメージをすることで神経の中に命令信号を通すだけで筋力は落ちないことが明らかになったそうです。

 

加齢によって運動神経は減りやすく、そして筋力は落ちやすくなるもの。

そこで日頃から簡単な運動を行ったり、最低でも運動するイメージをすることで身体の運動機能が保たれ、さらには平均的な運動能力を上回る若返りまですることが可能となるということなんですね。

最近ちょっと「体がついてこない」「動きにキレがなくなってきた」なんて感じ始めた人は、今日から始めてみてはいかがでしょうか。

 

先日放送された「ガッテン!」の動画がありましたので

ご興味のある方は参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です