若ハゲ・若白髪の心臓病リスクは5倍以上

”薄毛さん”への風当たりが一層強くなりそうなニュースですね。

根拠となるのは2017/11/30にインド心臓病学会がESC(European Society of Cardiology:欧州心臓学会)で発表された正式な情報のようです。

European Society of Cardiology
European Society of Cardiology

2000人以上の男性を対象に行われたこの研究。早くして髪が抜け落ちた人(若ハゲ)そして白髪になった人(若白髪)と冠動脈疾患との関係についての調査目的だったようですね。

その結果。早くに髪の毛が抜ける男性(若ハゲ)の心臓病リスクは、通常の5.6倍!また、早くして髪の毛の色素を失って白髪になる(若白髪)男性の心臓病リスクはと5.3倍!ということです。

なんとショックな結果でしょう。研究を行ったインドのU.N.メータ心臓病研究センター(U.N. Mehta Institute of Cardiology and Research Centre)のカマル・シャルマ医師(Dr Kamal Sharma)は「禿頭症および早発灰色化は、冠動脈疾患の危険因子とみなすべきである」と主張をしているそうですね。

医師の主張を要約しますと

「今回の研究結果から、肥満であることよりも若ハゲや若白髪であることのほうが心臓病との因果関係が深く、また若ハゲや若白髪はヒトの実年齢よりも生物年齢をあらわすとも言えるので、心臓病予測の重要な指針として見るべきである」

といった感じのようですね。

ただしこの研究。新しい角度からの調査結果であるのは確かですが、まだ発表されたばかりのものですので、精度としては注意が必要であるようです。ですから今後、人種や年代などを広げて、より汎用性のある数字が求められていくのでしょう。それまでは少し判断は留保しながらも、やはり気になるテーマでもあるので、注意して見ていきたい研究かな?と思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です