歯磨きをしないと認知症になる!?

そんなこと関係あるの?と、思ってしまうお話ですが、、

2017年11月のイギリスの科学誌「エイジングと疾病メカニズム( npj Aging and Mechanisms of Disease )」に発表された論文によれば、 名古屋市立 大学大学院医学研究科の道川誠教授と、国立研究開発法人国立長寿医療研究センターの松下健二部長が、松本歯科大学、愛知学院大学、名古屋大学との共同研究によって、歯周病がアルツハイマー病分子病態と記憶学習能力の増悪をもたらすことを世界で初めて明らかにされたそうです。

内容を簡単にまとめると、歯周病の要因となる歯周病菌をマウスに感染させてみたところ、アルツハイマー型認知症の要因となるタンパク質”アミロイドβ(ベータ)”が脳内で顕著に増加したということです。

タンパク質アミロイドβは、本来ならば脳内に侵入してきた菌などが排除された際に発生するもので、睡眠をとることで体外に排出されるとされます。そして歯周病菌は、歯磨きをさぼったりすると口内で増殖し、歯茎を炎症させたりして歯周病をひき起こすことになります。

つまり歯磨きをさぼったりして、口内洗浄がいき届かない状態が続くことで歯周病菌が増殖し、その菌が脳内に侵入しようとするため、体の排除機能によってアミロイドβが発生するというわけです。

しかしこれは、まだマウス実験でのお話です。ですのでヒトが対象となった場合にどうなるのかは、まだハッキリしていません。でも実験内容的に考えてみれると、ヒトでも同様の因果関係は認められるのではないか?とは思います。

では、歯周病菌による認知症リスクを軽減するにはどうすれば良いのでしょうか?もちろん口内の清潔を保つために歯磨きをシッカリすることは第一で、先にも述べたように睡眠を十分にとることで脳内からアミロイドβが排出されるので、睡眠の質を向上するように心がけることも有効な手段だと考えられますね。

そもそも認知症は、ある日突然に起こることではありません。歯磨き習慣や睡眠習慣といった毎日の蓄積をするかしないかで未来の認知症リスクが軽減できるわけですから、面倒くさがらずに気を付けていきたいものですね。

参考論文: (DOI)https://doi.org/10.1038/s41514-017-0015-x

 

★ピックアップ商品

「夢見ここち」パッケージ
お休み前のリラックス習慣「夢見ここち」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です