トナカイ角(ReindeerHorns)

トナカイの角が男性機能改善において有効であることは、愛媛大学医学部医科学第2教室の実験によって明確な薬効が実証されました。元来、鹿の角は鹿茸(ろくじょう)と呼ばれ、漢方では男性の強壮機能増大や貧血に効く生薬として親しまれてきました。しかしながら鹿の角は非常に高価な稀少原料であることや、日本においては第3類医薬品に分類される一般用医薬品とされ、サプリメントに用いることが禁止されています。そこで日本では見た目からも近親種であるトナカイの角が広く使用されています。また成分分析をしてみたところペニス機能低下に悩む男性にとって非常に重要だとされるペプチドアミノ酸組成が非常に類似しており、むしろ含有量はトナカイ角の方が20%ほど多いとの報告もあるほど。男性機能の活性には欠かせない成分の一つと言えます。

トナカイ角 ReindeerHorn
トナカイ角 (Reindeer Horn)

『参考文献』
・「健康食材大事典」
・論文ID(PMCID:PMC3274481)
・論文ID(PMCID:PMC4214728)
・論文ID(PMCID:PMC3709367)
・論文ID(PMCID:PMC3390574)
・論文ID(PMCID:PMC3305487)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です