オキシトシン(Oxytocin)

オキシトシン(Oxytocin)とは下垂体後葉から分泌されるホルモンで 、一般的には”愛情ホルモン”とも呼ばれ、対人関係を柔和にする効果があります。

オキシトシンは対人関係が良好な状態で多く分泌されるホルモンで、 闘争欲や遁走欲、恐怖心を減少させることが分かっています。医療の現場では分娩の促進薬として使用されたり、乳腺の筋線維を収縮させることから母乳の量を増やすことを目的に利用されています。また自閉症の改善や、神経性食欲不振改善アルコール依存症改善といった精神に起因する多くの症候群などにも改善の期待がされています。オキシトシンを摂取すると、たとえ金銭的損害を被っても再度、取引相手を信用してしまうなど、安易に他人を信用してしまうといった報告もあったりします。こうした日本をはじめとする多くの改善報告がされる中、研究によっては偽薬との差が認められなかったりするなど、今のところ世界中で自閉症治療薬としての利用は認められておらず、今後のさらなる研究が期待されている注目のホルモンなのです。

授乳
オキシトシンは授乳時にも分泌されます

『参考・参照元』
・論文ID( PMID: 28506922 )
・論文ID( PMID: 30990816 )
・論文ID( PMID: 31399062 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA