長命草(PeucedanumJaponicum)

長命草(PeucedanumJaponicum)は別名、ボタンボウフウ、サクナ、チョーミーグサなどと呼ばれるセリ科の宿根草です。

古来より”長寿の島”沖縄に自生し「1株食べると1日長生きする」といわれて親しまれてきた健康島野菜。独特の香りと苦みがあることから、調理においては臭みとりや毒消しとして用いられることもあるそうです。バランスよく含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維はもちろん、ゴーヤの約8倍あるとされる大量のポリフェノールを含むことから、強い抗酸化作用も認められてアンチエイジングデトックスを目的として使用されることが多くあります。ほうれん草やゴーヤ、ケールなどと比較しても圧倒的に多く含まれるさまざまな健康成分には、排尿障害改善作用動脈硬化予防作用血管拡張作用生活習慣病の改善などが期待され、ますます注目が集まるパワーベジタブルです。

長命草
長命草

長命草入り「百年の青汁」

ご注文はこちらから→長命草入り「百年の青汁」

『参考・参照元』
-沖縄県工業技術センター研究報告書 第8号 2006 年-
・論文ID(doi:10.4241/kyubyochu.59.22)
・論文ID(doi:10.1248/bpb.21.688)
論文ID(doi:10.11614/KSL.2013.46.1.018)

快減糖α

017

カイアポイモ、バナバ、桑の葉、サラシアを配合することで貴方の身体に蓄積された余剰栄養の排出をサポートします。また豊富に含まれる食物繊維にはデトックス効果や便秘改善、コレステロールの軽減など、いわゆるダイエット効果が期待されるため、生活習慣病が気になる方におすすめです。