イチョウ葉エキス(Ginkgo biloba extract)

イチョウ葉エキス(Ginkgo biloba extract)とは文字どおり日本でも馴染みのある樹木のイチョウの葉部分から一定の成分を抽出したもの。イチョウは世界古来の樹木の一つで「生きた化石」とも呼ばれ約2億5千年前から生存している植物です。

イチョウ葉エキスの成分については、歴史的にその有用性を探る研究が多くされており「記憶の改善」「脳機能障害の改善」「末梢循環障害の改善」などの効果が報告されています。ドイツやフランスでは医薬品として治療に用いられています。ところが日本では馴染みのあるイチョウですが、世界的にはレッドリストの絶滅危惧IB類に指定されており、このイチョウ葉エキスもドイツやフランスへ輸出されています。イチョウの実である銀杏は食用にもされることがあることから、銀杏を食べれば同じじゃないか?と考える方もいますが、イチョウ葉や銀杏には有毒成分の”ギンコール酸”が含まれており成人が一般的に食する分に問題は無いものの、健康成分として摂るにはシッカリと精製されたものであることが前提となります。

イチョウの葉
イチョウの葉(Ginkgo biloba)

■イチョウ葉をしっかり摂るなら ↓

明晰の実
「明晰の実」

ご注文はこちらから→覚えておきたいサプリメント「明晰の実」

『参考・参照元』
「α-リポ酸・イチョウ葉エキス・L-カルニチン含有健康食品の認知機能改善効果」(日本補完代替医療学会誌 5 巻 (2008) 2 号 135-143)
・DOI: https://doi.org/10.1073/pnas.182425199
・論文ID(PMID: 2044394)
・論文ID(NAID)10013352768

くるみ(walnut)

胡桃(くるみ)と人類の歴史はとても古く、早くとも紀元前7000年ごろから食べられていた形跡が残っています。中でも今から2000年前から栽培され、現在に食されている胡桃のルーツと言われるペルシャ胡桃は、歴史を代表する胡桃の一つです。

胡桃には非常に多くの栄養成分が凝縮されいます。必須脂肪酸のリノール酸と、オメガ3脂肪酸のひとつα‐リノレン酸および一価不飽和のオレイン酸の含量が高く、特にリノール酸(n-6系)とα‐リノレン酸(n-3系)が理想的なバランスで含まれており、現代人に不足しがちな成分を余すことなく摂取できるとも言われるほど。さらに近年に入ってから多くの医療研究機関から胡桃と記憶に関する論文が続々と発表され大きな話題となりました。

胡桃にはワインよりも豊富なポリフェノールが含有されており、それによって脳に悪影響を与えるフリーラジカルの働きを抑えて脳の働きを円滑にすることがわかったのです。さらにアルツハイマー型認知症の主な原因となる成分アミロイドβが脳内に蓄積されるのを抑える働きが解明さたり、記憶力の向上だけでなく失われた脳機能の補完など脳への働きが次々とわかってきたのです。

古代の人々が知ってか知らずか、人類と長い関係を続けてきた胡桃が、現代病の代表ともいえる認知症への改善のカギを持っていたことには少し感慨深いものがあります。

明晰の実
明晰の実

ご注文はこちらから→クルミエキスが入った「明晰の実」

『参考・参照元』
米国アルツハイマー専門誌「Journal of Alzheimer’s Disease」

「脳にいい食事大全」ミシェル・ショーフロ・クック/ 児島 修
論文DOI: 10.3233 / JAD-140675