長命草(PeucedanumJaponicum)

長命草(PeucedanumJaponicum)は別名、ボタンボウフウ、サクナ、チョーミーグサなどと呼ばれるセリ科の宿根草です。

古来より”長寿の島”沖縄に自生し「1株食べると1日長生きする」といわれて親しまれてきた健康島野菜。独特の香りと苦みがあることから、調理においては臭みとりや毒消しとして用いられることもあるそうです。バランスよく含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維はもちろん、ゴーヤの約8倍あるとされる大量のポリフェノールを含むことから、強い抗酸化作用も認められてアンチエイジングデトックスを目的として使用されることが多くあります。ほうれん草やゴーヤ、ケールなどと比較しても圧倒的に多く含まれるさまざまな健康成分には、排尿障害改善作用動脈硬化予防作用血管拡張作用生活習慣病の改善などが期待され、ますます注目が集まるパワーベジタブルです。

長命草
長命草

長命草入り「百年の青汁」

ご注文はこちらから→長命草入り「百年の青汁」

『参考・参照元』
-沖縄県工業技術センター研究報告書 第8号 2006 年-
・論文ID(doi:10.4241/kyubyochu.59.22)
・論文ID(doi:10.1248/bpb.21.688)
論文ID(doi:10.11614/KSL.2013.46.1.018)

百年の青汁

長命草入り「百年の青汁」
009

最近、健康が気になる」「いつまでも若々しくいたい」「野菜不足が気になる」「家族に迷惑をかけない健康を保ちたい」などなど・・・とお考えの方にオススメです。

世界中でも稀な長寿のエリア、ブルーゾーンの一つに認められている沖縄。その沖縄で古来より「一株食べれば一日長生きする」と言われているのが「長命草」です。長命草アンチエイリアシングとして知られるポリフェノールを多く含み、ゴーヤの約8倍もあるとされる高い栄養価から長寿研究アンチエイジング研究の対象として多くの注目があつまるパワーベジタブル。いつまでも若々しく健やかでいたい方には絶対におぼえて欲しい野菜です。

百年の青汁」には長命草を中心に、青汁成分として有名な大麦若葉桑の葉緑茶の成分などが配合され、さらにコラーゲンヒアルロン酸などの女性には嬉しい成分までものがバランスよく配合されています。飲みやすさよりも栄養を重視した「百年の青汁」は、親から子へ子から孫へと百年以上、末永く受け継いでいただきたい願いから誕生した青汁です。

まずは実感1箱、ガッツリ体感3箱。今なら定期便のお申込みで初回限定割引最安値!で超お得です。

 

1箱30包入り ※30日目安です

 

■よく一緒に買われている商品■

より良い健康には十分な休息も

夢見ここち
「夢見ここち」