大竹伸朗「ビル景」1978-2019(水戸芸術館)

大大大に好きな大竹伸朗さんが水戸芸術館で個展開催となれば”行く”以外の選択肢は無く、予定のアレコレをやり繰りして最終日に滑り込みました。知らない人にはどうでもいいお話ですが、名前だけでも憶えて寝て下さい。

大竹伸朗さんを評するなんて偉そうなことはできませんが、説明するとしても困難な作風だなと思います。水玉のようなパターンをアイデンティティーとしていたり、インタラクティブCGなどでお客さんにオープンであったりすれば、それがアレだと理解はしやすいのですが、絵画はもとより立体や写真、音、映像など多くのメディア表現で主張される方ですし、手法としてのコラージュがあったとしてもコラージュ=大竹伸朗と十分条件を満たしません。いっぱい観てもらって「ああーこういう人なんだなあ」と感じてもらうしかありませんし、それがあなたにとっての大竹伸朗となるのではないかと思うのです。まあザックリと”現代アートの人”くらいの説明でないと一括りにはできません。

シャッター音を消して撮った館内風景1

で、そんな自分にとっての大好きな大竹伸朗さんがライフワーク的に”ビル”をモチーフとして連作されてるシリーズ「ビル景」が2019年ナウまでをまとめて展示するというのだから、2006年に東京都現代美術館で開かれた個展「大竹伸朗 全景 1955-2006」以来の関東開催なのだから、ファンを引き付ける吸引力はダイソンを軽く超えますし、常磐線に揺られながら星間航行並みの速度で駆け付けたくもなるのです。

シャッター音を消して撮った館内風景2

ただでさえ多作な大竹伸朗さんが自身でも「嫌になる」というほどの600を超える作品群が並んでいました。時代もあってなどという必要無く館内は撮影OKで、一番奥にあった1作品のみ撮影禁止でしたが、それも何かしらの意図があるだけかな?と思いますし、そんなことを気にする大竹伸朗は、極私的大竹伸朗ではないので安心しました。最近の展覧会では映えを狙った1作品だけ撮影OKみたいなのが多いのと逆ですね。とはいえ館内にシャッター音を高らかに響かせて全作を撮りまくる、大竹作品を並べて最後に罠があったら見事にハマること必至の数名にはチョットあれなものを感じましたが。

シャッター音を消して撮った館内風景3

しかしまあ水戸でも大竹伸朗さんは大竹伸朗さんでした。抽象画とは目の前の対象を略略略として、残された像が作者と心一致するスタイルだと思いますし、コラージュとは目の前にあるものを加加加として、結ばれた像が作者の心一致するスタイルだと思うのですが、どちらも略と加の段階を重ねることでドンドンと他者を振り落とすことになるはずで、でもなぜかその中に観る者と心一致する部分があったりして、それが作者のと同一かは分かりませんが、それでも極私的に”くる”ものが館内一杯に露出してましたし、心一致なんて言葉はありません。

シャッター音を消して撮った館内風景4

お客さんに媚びを売るものは論外ですが、そこに作品があるということは、そこに作者が居るということとほぼ同じで、東京都現代美術館に行った時は実際に大竹伸朗さんが窓際に腰掛けていらして、いただいたサインは家宝なんですが、今展示では霊的な意味じゃなく大勢の大竹伸朗さんが並んで座っているような圧倒される存在感を霊的に感じた霊的会でした。いつにも増して筋の通った、どぶろっく的に太いものでキャンバスや立体を撲って出来上がったような、嘘や商売の無い、ビルから感じた大竹伸朗さんの神経がむき出しになっているような、要するに何と言っていいのか分からない純粋なものがそこにはあったのです。

別に誰かに何かを言いたいとかじゃなく行ってきた痕跡として書いています。何かの間違いで気になった人は霊的な意味で大竹伸朗に会いに行って、大竹伸朗を浴してもらえれば、もしかしたら私に”くる”ものが何なのかが分かるかもしれないなあとは思います。

もしも寝て起きて覚えていたら気にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です